5. お金を貯めるという事-必需品を見直す-

これは、年収200万円で、30代で1億円を貯めた実話を元にした小説です。
全8話:
1. 出会い -憧れの生活-
2. 教えられたこと -使うためではなく増やすために貯金する-
3. 貯金開始、お金を増やしていく秘訣
4. お金が貯まる人と貯まらない人の差
5. お金を貯めるという事-必需品を見直す-
6. 節約における勘違い-安物買いは節約にあらず-
7. 支出を減らした後は収入を増やすこと
8. ユンとの別れ-豊かな未来へ向けて-

———————————

5. お金を貯めるという事-必需品を見直す-

小森は穏やかな表情のまま、簡単に自己紹介をした。
今39歳、19歳から資産1億円を目指して貯め始め、18年後の37歳で資産1億円を達成した。

最初の10年間の年収は100万円。

「少しは他の収入源もあった」との含みを持たせてはいたものの、仕事から得る収入は年100万だったことは間違いないと言った。

これで、たった18年で資産1億円を達成したと言うのだ。

「まず、今の雄一君の状況を簡単に教えてください。」

雄一は結婚して約1年であること、自分の月給、家賃、以前まではあまり気にしていなかったが、4ヶ月ほど前から節約と貯金を頑張っている事。

今の貯金額は300万円ちょっとである事。

昼食をケチったり、買い物を我慢したりして月5万円の貯金はできているが、それ以上はどう節約しても貯められない事。

などを簡単に伝えた。

小森は少しだけ厳しい顔になって言った。

「まず、雄一君は”資産”が何かということを分かっていないようなので、そこから話をしましょうか。」

ユンは少し苦い顔をしていた。それを見た雄一も、

『なるほど、これがユンさんが言ってた “小森の少し極端な部分” なのかな。』

と心の中で身構えた。

小森は話を続ける。

「世間一般の言葉の定義としての”資産”ではなく、ここでは厳密にお金をもたらしてくれるもの資産と呼ぶことにします。
例えば、車は資産だと思いますか?車には利用価値はあるし、売ればお金になるから資産だと答える人もいるかもしれません。でも、”1億円貯める方法” の考え方からすると、車は負債でしかない。
使えば使うほどお金がかかるし、使わなくても駐車場代、保険料と維持にお金がかかるからです。」

「こう考えると、同じ不動産でも、人に貸す不動産は資産自宅は負債となることになります。このことは肝に銘じておかなければいけません。
自分の持ち物の中で何が資産で何が負債なのかを明確にしてください。更に、資産でも負債でもないものを “贅沢品” と呼ぶことにします。
ここでの意味も一般的に贅沢な物という意味ではなく、生活用品も含む場合があります。」

小森はテーブルの上にメモ帳を取り出し表を書き始めた。

 必需品必需品ではない物
資産
(お金を生む)
貯金株式・債権
負債
(お金が減る)
家・車課金ゲーム
贅沢品
(あると便利なもの)
光熱費など家具・レジャー

「あくまでも一例ですが…」

「もう少し例をあげておきましょうか。」

と言いながら、小森はメモに簡単に走り書きをしていった。

資産の例:
配当のある株式、投資信託、リート、貸し出し用不動産、国債、貯金など

負債の例:
車、ローン(借金)、スマホ、自宅(賃貸)、保険、家電製品、子供など

贅沢品の例:
服、家具、散髪代金、旅行やレジャー、交際費、本、自分への投資など

「もちろん、必需品、必需品ではない物は人によって違いはあるでしょう。
都市部では車は必需品ではありませんが、郊外では必需品になるかもしれません。それぞれの状況で考えてください。」

資産は分かりますね?持っているだけでお金を生むものです。広い意味では自分自身も資産だと言えますね。自分が働けばお金を得ることができますから。
贅沢品は、服、家具などの生活用品から、オモチャのような趣味性の強いものもあります。
これは、買う必要はありますが、一度買ってしまえば、それ以後はお金を生んだり、持っているだけでお金が減ったりはしないものです。
負債は、持っているだけで維持にお金がかかるものです。
広い意味では子供や養っている家族、ペットも負債に入ります。」

「子供や家族が負債ですか!?」

雄一はギョッとした。ユンも笑顔ではあるものの少し苦い顔をしている。

表情から察するに、ユンは小森の持論に心から賛成しているわけでもなさそうだった。

「そうです。
負債が悪いと言ってるわけではありません。
必要な負債もありますし、便利な負債もあります。
ただ、資産を増やして、負債を減らし、贅沢品を控える
この3つを徹底する必要があるという事だけは覚えておかなくてはなりません。
例えば、自宅の近くに駅やバス停がない場合、車は生活必需品でしょう。ですがなるべく負債を減らすという観点からは、軽自動車にするべきでしょう。
購入時も安く、維持費も安いですからね。これは負債を減らすということになります。
携帯電話も必要でしょう。携帯がなければ仕事も何もできない時代ですからね。でもスマホは本当に必要ですか?
本当に必要だという人はそれ程多くありません。あれば便利だ、友達との連絡に必要という程度で持っているのならば、徹底的に負債を減らし切れていないと言えます。
家族や子供は、もちろんかけがえのないものです。私にも娘がいますし、とても大切にしています。
でも、ことお金に関して言うと、子供は一番大きな負債かもしれませんね。」

「まだ、私には子供はいませんが、確かにお金がかかるという意味では、小森さんの言う通りだと思います。」

小森はここが肝だという様子で続けた。

まだまだ話は終わりそうになかった。

---------------------

年収200万円で資産1億円を貯めた人がいます。
その実話を元にした小説を公開。

7. 支出を減らした後は収入を増やすこと

これは、年収200万円で、30代で1億円を貯めた実話を元にした小説です。
全8話:
1. 出会い -憧れの生活-
2. 教えられたこと -使うためではなく増やすために貯金する-
3. 貯金開始、お金を増やしていく秘訣
4. お金が貯まる人と貯まらない人の差
5. お金を貯めるという事-必需品を見直す-
6. 節約における勘違い-安物買いは節約にあらず-
7. 支出を減らした後は収入を増やすこと
8. ユンとの別れ-豊かな未来へ向けて-

———————————

7. 支出を減らした後は収入を増やすこと

徹底的に全ての支出をゼロから見直し、不必要なもの、本当に究極的に必要なもの以外は全て削った。

ただ、月収が20万円ちょっとの雄一には、仮に支出を極限まで減らしたとしても、小森のように学生時代から少しずつ初めていたわけではなかったので、どうしてもある程度の金額が貯まるには時間がかかってしまう。

そこで、小森に教えてもらったように、映画のレビューブログにネット広告を入れ、広告収入を得るようにした。

色々と試行錯誤をしながら記事を書いていくと、徐々に訪問者も増え、約1年後にはブログからの広告収入で月5万円程度を稼げるようになっていた。

もちろん、雄一はこの5万円と、給料からの10万円を全て貯蓄に回し、約1年後には、貯金額は500万円を超えていた。

 
「おめでとう!頑張ったわね!」

「ありがとうございます。」

あれから2,3ヶ月に1度は顔を出していたが、ついにこの報告をできる時がきた。

雄一としては、まだまだ達成感を感じるというような気分ではなかったのだが、ここまで手放しで褒められると悪い気はしなかった。

「苦しい時もありますけれども、段々と楽しくなってきました。少しだけ心にゆとりができてきましたよ。」

「ええ。凄いわ。正直、あなたに初めてこの話をした時は、ここまで頑張れるとは思ってなかったから。」

「ユンさん、酷いですね。」

少し意地悪そうに言われたので、雄一も少しふざけてふてくされたようなそぶりをした。

「本当よ。今まで今話をした人は他にもいたけれど、みんな我慢できずにお金を使っちゃうのよ。」

「僕も旅行に行きたくなることはあります。仕事で休みがもらえた時なんかは特にそう思います。
でも、10年先の本当に何の気兼ねもなく自由に旅行に行ける時を想像して、今は我慢してます。」

「偉いわね。…..さて。」

ユンは笑顔のまま話を切り替えるように切り出した。

「前にも一度言ったと思うけど、500万円を超えたから、お金でお金を増やす方法も少しずつ始めてもいいころね。」

「お金でお金を増やす?どういうことですか?まさか投資しろっていうんじゃ?」

「そのまさかよ!お金のまま持っていても、何も意味はないからね。
最終的に1億円貯まったとしても、それを年間3%ぐらいの運用益を出さなきゃ意味ないからね。」

雄一は少しびっくりしてしまった。もちろん、株式投資や投資信託などはそれ程敷居が高くないないことも分かってはいたが、得をした、儲かったという話よりも圧倒的に、損をした、もうやらないという話を聞いていたからだ。

「なるほど。分かりますが、大丈夫でしょうか?
この間もニュースで株が暴落したなんて聞きましたし、外貨投資で破産して自殺…なんて話も時々ニュースになってませんか?」

雄一の恐る恐るという言葉とは裏腹に、ユンは楽しそうに笑いながら応えた。

「そうね。確かに投資は難しい部分もあるわ。
でもそれ程難しく考えなくていいの。例えば、大きな意味では定期預金とか、日本の国債も投資なのよ。分かるでしょ?
ただ、定期預金とか国債じゃ、よくっても年利0.5%ぐらいだから、1億円持ってたとしても、1年間でたった50万円にしかならないの。
お金を増やしながら、もちろん損もしないようにしなくちゃいけないわ。」

「証券会社のプロでも損するような投資なのに、僕がそんなに簡単に利益を出せますか?」

「ええ。」

ユンはあっさりと断言した。

「簡単よ。分散すればいいだけ。
プロは限られたお金を使って最大限稼ぐ必要がある。これはとても難しいこと。
ノーベル経済学賞をもらった天才が、スーパーコンピューターやAIを駆使して計算して投資しても、時には損をして大きな会社が潰れることもあるわ。
でも考えてもみて、あなたは、1年でお金を倍にする必要もないし、1ヶ月で100万円利益を出す必要もない。これは大きなアドバンテージなの。」

「と、言いますと?」
雄一はまだあまり理解していなかった。

「例えば、円高になると日本株は下がる事が多いわよね。
難しい経済の原理は置いておくけど、通貨、株、不動産、貴金属、債券の価格は色々とつながっているの。
例えば、円高・株安になって景気が悪いと言われていても、金の価格や債券の価格も下がっているとは限らないわ。」

「はあ…つまり?」

雄一があまりピンときていないので、ユンは少し業を煮やしたように息をついてから話を続けた。

「つまり、あなたの500万円を全て株にすると、株が下がっちゃったら価値も下がっちゃうでしょ。簡単に言うと損をするってことよね。
逆に、その時に金を買っていたら金の価格が上がって儲かってるかもしれない。
でも、さっきも言った通り、何が値上がりして何が値下がりするかは、どんな天才にも、スーパーコンピューターにも分からない。
じゃあ、色々なところに分散して投資すれば、あまり気にしなくてもいいって思わない?
それに、いったん値下がりしても、そのうち値上がりするし、逆に値上がりしても、そのうち値下がりすることもある。
あなたは10年後の事を考えているんだから、今年1年の景気、今年1年の投資結果を極端に気にする必要はないってことよ。」

「そう言われてみればそうかもしれません。」

「た・だ・し、人が儲かるって言う話には飛びつかないこと。そういうのに惑わされると絶対に損するわよ。他の人が儲かった後にあなたが買ったって、あなたは損をするだけになるから。
それにもう一つ、分散投資をするには50万円じゃできない
50万円じゃ2,3種類の株を買ったらそれでおしまい。
現金、債券、株、現物資産に分散させるには最低でも500万ぐらいは必要だと思うわ。
だからこそ、あなたのお金が500万円以上貯まるまで、この話はしていなかったの。」

「分かりました。少しずつ投資にもお金を回していきます。
大丈夫です。慎重にやりますから。投資で大きく儲けようと色気を出さないように気を付けます。」

「そう。そのぐらい慎重になってくれるなら大丈夫ね。
本当に単純化して言うと、国内株、外国株、債券、不動産(リート)を分散して資産の4/5程度、あとは定期預金などの現金で1/5ぐらいって考えていればいいと思うわ。
もっとも、定期預金じゃほとんど金利はつかないけどね…
それと、急いで買ってしまわないことね。
1,2年かけてゆっくり買っていくぐらいの気持ちでいれば大丈夫だと思うわ。」

「分かりました。少しずつ資産を投資に回していきますね!」

雄一の心は希望に満ちていた。
生活では我慢することも多い。
欲しいなと思うものもたくさんあるが、それは将来の楽しみにとっておこうと思えば苦しいことはなかった。
人生は楽しいものだと思えるようになっていた。

ユンと初めて会った時から3年が過ぎ、仕事でも責任のある立場になってきて、給料も少しばかり上がったものの、1億円を貯めるまではあっという間とはいかないことは理解していた。

それでも雄一は真面目に働き、プライベート、仕事、そしてもちろんお金を貯める事も一生懸命にした。

そして瞬く間に5年間が過ぎ、資産額も2000万円を超えた。

またプライベートでの大きな変化として娘が誕生していた。

---------------------

年収200万円で資産1億円を貯めた人がいます。
その実話を元にした小説を公開。